トラックを買取してもらう前に準備するもの

トラック買取に必要となる書類を確認しよう

ロゴ

bigcar.net

トラックを買取してもらう前に準備するもの

トラック

トラックの売却時に必要なもの

トラックに限らず中古車を売却する時は、書類が必要となります。書類をあらかじめに準備していると売却がスムーズにいきます。必要書類が分からない方は確認して準備しましょう。売る時に業者へトラックを渡したという証明をするための譲渡証明書が必要です。委任状は自分で廃車手続きや名義変更を行わない場合いりません。ですがほとんどの場合買取業者がやってくれるので任せた方がいいでしょう。

印鑑・車検証

書類に押すための印鑑が必要になりますが、普通乗用車以上の排気量は実印が必要となります。実印と一緒に印鑑登録証明書も必要ですが、発行から一ヶ月以内のものでないと無効になるので気を付けましょう。また、車検書も必要となります。登録が抹消されている車両は、車検証がありません。なのでその場合には登録識別情報等通知書などが必要となります。

自賠責保険証明書・自動車納税証明書・リサイクル券

自賠責保険証明書と自動車納税証明書も用意します。毎年払っている自動車税の証明書は無くしてしまった場合、市役所などで再発行することが可能となっているので、無くしてしまった方は再発行しておきましょう。ただ領収印がない場合には無効となってしまうので確認しましょう。リサイクル券もある場合は提出します。これは車両を購入した時に、一緒に廃車時にかかる費用を払っている場合にもらう書類です。

車両の確認も忘れずに

必要な書類を確認してきましたが、これは買取価格に影響されません。買取価格を上げるためには車両の確認を忘れずに行なっておきましょう。純正でついていた部品などをなくしている場合は買取価格が減額されてしまいます。なので売る前に確認しておきましょう。

広告募集中